老夫婦の結婚指輪

デパートの宝飾品売り場で、初老のご夫婦が仲睦まじくしている姿が微笑ましく、何となく耳が象さん状態になってしまいました。

お二人は結婚指輪について店員さんとあれやこれやと話していました。

結婚するのは若い世代に限ったことではないですが、ご年配のカップルにはそれ程よくあることではないですよね。

ですから「結婚指輪」という単語が耳に飛び込んできたときはちょっと驚きました。

驚き第一弾。

次に「結婚してもう40年以上で・・・」という言葉に驚き第二弾。

思わず「ええっ」と声に出してしまい、お二人と目が合ってしまいました。

ご主人がおっしゃるには、男として自慢できたことではないけれど、駆け落ち同然に結婚したので、経済的に苦しく結婚指輪を買うことができなかったとのことです。

子供が生まれると、二人のための指輪よりも教育費などが優先。

結局今の今まで買わずに過ごしてしまったとのことでした。

ところが数週間前、二人で団体の温泉旅行に参加した際、多くの同年代の女性が宝飾品をはじめとした持ち物を自慢しているのを見て、自分の妻は結婚指輪さえしていないということに改めて気が付き、すまないと思ったそうです。

「人生の折り返し地点を過ぎると、やり残したことがあってはならないと考えるようになります。

今更結婚指輪を買うのは、もしかすると自己満足かもしれないけれど、まあ感謝の気持ちが少しでも表現できればと。」

すると奥様は「結婚指輪だけでなく、石がついたちょっと派手めのも買ってくれたら、気持ちはホント伝わる。

あたし5月生まれだから、誕生石はエメラルドです。。。

なんてね。冗談です。」と笑ってました。

◎この御夫婦の様に結婚指輪を探している方へオススメのページ→《URL:http://www.marionagen.com/